読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bluetooth 超軽量23g ワイヤレス ステレオヘッドホン Avantalk JoggerAS6(ブラック)

Bluetooth 超軽量23g ワイヤレス ステレオヘッドホン Avantalk JoggerAS6(ブラック)
Bluetooth 超軽量23g ワイヤレス ステレオヘッドホン Avantalk JoggerAS6(ブラック)
@@ : B0047Y1HMK
** : thermos 価格
## :

***********
* @@@@@@@@@@@





##@@@@

Bluetooth 超軽量23g ワイヤレス ステレオヘッドホン Avantalk JoggerAS6(ブラック)


商品の詳細

  • Amazon.co.jp ランキング: #771 / 携帯電話アクセサリ
  • Color: ブラック、ホワイト、レッド
  • ブランド: Avantalk
  • 型式: Jogger
  • 寸法: .83" h x 1.17" w x 3.34" l, .5 ポンド

仕様

  • Bluetooth V2.1 +EDR Class2 見通し距離 約10m 防水ではありません。 水濡れ・汗濡れ厳禁!!
  • 対応プロファイル Headset , Handsfree, A2DP, AVRCP
  • 本体重量23g 通話時間:最長9h ・音楽再生:最長8h ・待受時間:最長2weeks
  • 充電方法:附属の専用USBケーブルで充電 AC充電器附属なし
  • 生産国 MADE in P.R.C.(中国)

商品の説明

超軽量設計の23gで、ネックバンドタイプの耳掛けインナーイヤホンを採用しております。(カナル型ではありません。) Bluetooth搭載の携帯電話やiPhone4・androidスマートフォンなどで音楽をワイヤレスでステレオサウンドを楽しむことができます。 附属のゴム製イヤーピースアタッチメントをご利用頂きますと、音漏れが低減し、音抜けしやすい低音域もバッチリ聴こえてきます。 またヘッドフォン本体側で楽曲のミュート・先送り・戻りの操作も可能で、音量調整もできます。(相手側がAVRCリモートコントロールプロトコル対応の場合) またスカイプやハンズフリー機能によりブルートゥース経由でワイヤレス通話も可能です。 (携帯電話がブルートゥース対応機) 充電方法はUSBケーブル(同梱品)による充電となります。AC充電器は附属していません。 ■注意事項 水濡れや汗をかく環境でのご使用はお控えください。本体が軽量で少々動いてもずれにくいので、スポーツ用に向いている印象ですが、防水ではありませんので、ランニングなど汗をかくような環境でのご使用は故障の原因となります。汗をかかないような環境であれば問題ありません。 精密機器ですので、水濡れ・汗濡れ厳禁です。 (水や汗濡れ故障は保証の対象外です。) なお本品の外箱パッケージのデザインや附属品イヤーピースの形状などは、メーカー都合により予告無く変更となり掲載写真と異なる場合がございますのでご了承願います。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、 9 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
4機能良し 軽量 耳からずれない 音質は?
By Bayside
IPHONEにて使用しています。今まで使っていたものは電源を入れてもIPHONE側で手動でヘッドフォンと接続しなければならない欠点があり、ちょっとイライラしていましたが、これはそのようなこともなくすっきりと接続できます。コントロールも問題なく操作しやすいです。通勤に使っていますが、ほとんどずれることもなく快適です。欠点は2つ。私なりの解決方法を載せます。1. シリコンゴムのキャップが耳にフィットせず、スカスカの音になる。2. 音のバランスが悪く、このままだと音楽を聞く気にならない。解決方法です。1.そうそうに外し、市販の(オーム電機)のものを取り付けました。(他の方のレビューにありましたので私もやってみました。)このほうが耳にぴったりし、快適です。2.結論から言えば、ダクトチューニングが甘いのが原因。スピーカーのところを真ん中直径5ミリ位の穴をあけたテープ等でふさぎます。(つまり真ん中の直径5ミリくらいの所だけ音が通るようにする)これで完了。好みによりこの穴の大きさを変えると音質が変化します。このチューニングをしないとシリコンゴムを外した場合、低音部が結構高い周波数で持ち上がり、いわゆるボンツキのような音になってしまいます。シリコンゴムがこのダクトチューニングの役割をしていると思われますが、これをつけた場合でも、形状が悪いのとシリコンなので耳の中で変形していることもあり、高音成分が相当失われていしまい、音楽を対象にはできないです。上記作業(真ん中に穴をあけたテープで塞ぐ)をするだけで劇的に音が変わります。もちろん高級オーディオの音になるわけではありませんが、十分実用的な音になります。もともと低音部は結構でるような設計がされているので、ロック、ジャズ等マルチで使用できます。

20 人中、 18 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5GOOD!!・・・なんやけど
By さすけ
コードが邪魔・鬱陶しいのでBluetoothをあれこれ物色。オーバーヘッドタイプはでかすぎで暑い。耳にかけるタイプを他にも持ってますけど、わたしメガネしてるんです。すると、耳にメガネとヘッドフォンの耳かけ部分が重なり、ちょっと鬱陶しい。うまく耳に収まらずメガネが斜めになったり(見た目みっともないったら・・・)で、当商品を発見。お値段手頃、即1Click!(□。□-)小さい、軽い、耳かけ部分が細い!後頭部にまわる部分もうまく頭部に密着。これはいい。大きなものだと、冬場にニット帽かぶれませんけど、これなら上からかぶれそうです。つまり年中使える!!同梱の音漏れ防止用であろうシリコン(?)のインナー2種。これをつけると音漏れ激減。但し、まわりの音も入らなくなるので集中しすぎると大変。通勤とかで使用してると車内アナウンスが聞こえず気づけば次の駅、となるやもしれません。このインナー、スポッと耳穴に入らず、ヘッドセットをヘッドにセット(笑)するのに少々手間取る。耳からヘッドセットを取ろうとしたらインナーは耳に残ったままだったり。。で、思考錯誤の結果、インナーは使用せず。100均で売ってるスポンジのヘッドフォンカバーを使用。インナーなしだと耳穴に安定しませんが、これをするとかなり収まりがいいし、着脱も楽になりました。しかーーし!使用して数日後、かばんから取り出して見ると、耳穴に入れる先っちょ部分の片方がもげてた。( ̄□||||!!コードは繋がってたので、押し込みつつ接着剤で固定。なんとか使用に耐えてます。このタイプのものをお探しの方には、なかなかの商品だと思います。ただし、乱暴に扱うと、上のように耳穴に入れる部分がポロリになるかもしれません。取り扱いは丁寧に〜

6 人中、 6 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
4問題なし!
By ニューヨーク初心者
ランニング用に購入しました。私は音にも少しこだわるタイプなので、若干心配でしたが、全く問題ありません。低音が弱い・こもり気味ですが、思っていたより悪くなくこの値段なら充分です。2〜3千円の有線イヤホンでもこれくらいの音質は普通に売っていると思います。ipodtouchで接続していますが、同時に携帯とは接続できないようですね。できると思い込んでいたので、ちょっとガッカリですが、そこは評価には加味してません。ランニング用にはピッタリなので、これから重宝しそうです!

カスタマーレビュー0をすべて見る..29カスタマーレビュー0をすべて見る...

Buy Bluetooth 超軽量23g ワイヤレス ステレオヘッドホン Avantalk JoggerAS6(ブラック)