読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS99BT

audio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS99BT
audio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS99BT
@@ : B009S33F2U
** : thermos 価格
## :

***********
* @@@@@@@@@@@





##@@@@

audio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS99BT


商品の詳細

  • Amazon.co.jp ランキング: #1327 / 家電&カメラ
  • ブランド: オーディオテクニカ
  • 型式: ATH-CKS99BT
  • 発売日: 2012-12-14

仕様

  • メーカー型番 : ATH-CKS99BT

商品の説明

◆音楽再生の遅延が生じにくい高音質aptXコーデック対応◆ワンセグ音声がワイヤレスで聴けるSCMS-T対応◆マルチペアリング対応により最大8台までの機器登録が可能◆専用チューニングの高音質ヘッドホンアンプ搭載でパワフル駆動◆厳選されたオーディオパーツにより解像度の高い再生音を実現◆深みのある低音を再生するカップリングコンデンサーレス回路搭載◆重厚な低域と透き通る中高域を再現する新開発“デュアルチャンバーメカニズムAR”搭載◆高い遮音性と優れたフィット感を両立する2ポジションポスト◆CKS99専用設計φ13mmドライバーにより衝撃の重低音再生 / ■ 仕 様 ■ ■通信仕様通信方式:Bluetooth標準規格Ver.3.0EDR準拠出力:Bluetooth標準規格Power Class2最大通信距離:見通しの良い状態で10m以内仕様周波数帯域:2.4GHz帯(2.402GHz~2.480GHz)変調方式:FHSS対応Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP(Ver.1.6 HD VOICE)、HSP対応コーディック:SBC、aptX対応コンテンツ保護:SCMS-T方式伝送帯域:20~20000Hz(44.1kHzサンプリング時)■ヘッドホン部型式:ダイナミック密閉型 ドライバー口径:φ13mm 再生周波数帯域:5~25000Hzコード:0.5m■マイクロホン部型式:エレクトレットコンデンサー型指向特性:全指向性 電源:DC3.7Vリチウムポリマー充電池(内蔵式)連続再生時間:最大約6時間(SBC接続時) 最大約5時間(aptX接続時)連続通話時間:最大約6時間連続待ち受け時間:最大約200時間充電時間:約3時間質量:約30g連続通信時間:最大約6時間外形寸法:(幅)26×(高さ)61×(奥行)18mm使用温度範囲:5℃~40℃付属品:1.0m 充電用USBケーブル、イヤピース(XS、S、M、L)、ポーチ /

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、 17 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
4ATH-CKS55BTとどう違うのか?
By taro
私はこの商品をAmazonでは買わずに、近くのヨドバシで買うことにしました。なぜならaudio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS55BTとの違いがわからずに、実際に音を聞いて決めようと思ったからです。もちろんこのATH-CKS99BTはBluetoothイヤホンなので、店でペアリングして聞くことはできません。なので代わりにaudio-technica SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS99とaudio-technica インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS55 BKを聞き比べしてみました。それで感じたことを率直に書きます。この2つの商品は両方共Solid Baseというaudio technicaのもつ低音重視のシステムを採用しています。聴いてみると確かにどちらもしっかりとした低音が出ており、その点については十分満足でした。しかし、ATH-CKS55のほうは低音が強いがために中〜高音が負けてしまい、全体的に潰れた音になっている印象を受けました。また、ATH-CKS99のほうがキメの細かい音が出ていたように感じます。やはり値段のことを考えても結構な差があるので、これだけの差があるのも納得できます。個人的には十分におすすめできる商品ですね。

1 人中、 1 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
4電池長持ち
By Gmasasan
充電池が以前使用していた物よりかなり長持ちするのでスマホをナビがわりに使用する場合重宝します。音はさすがにオーディオテクニカってとこです。

1 人中、 1 人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5apt-x接続状態がわかります
By reizo
Bluetoothイヤホンですが市販1万円程度の有線イヤホンとは同程度の音がします。音質はモニターサウンド傾向なので一つひとつの音の解像度は高い方イヤホンです。イヤホンジャックが無いため、自分の好きなイヤホンへの交換ができない、有線接続ができない製品なので完全にワイヤレス用途に割りきって使う必要があります。クリップ型のため、胸ポケットに入れる等、取り回しに困ることはありますが、全体的なバランスもよく、良い製品だと思います。この製品の良い特徴として、接続codecがapt-xなのかSBCなのかをLEDの点滅で判断できる点が良い点です。apt-xで接続されているときはLEDの点滅が「・・ーーーー・・ーーーー」とLEDの点滅「・」が2回連続するので、ペアリング元の端末でどのようなcodecで接続されているかわからない場合(WindowsやAndroid端末)でも見て判別することができます。なお、SBCで接続される場合は「・ーーーー・ーーーー」とLEDの点滅が単回となります。なお、Android端末でapt-xの対応可否は、CSRのWebの「Audio Products Powered by CSR aptX' SMARTPHONE」というページに対応可否が随時一覧化されているので、apt-xに対応しているかどうかが気になるという方は、そちらのページを参照すると良いです。最近の、HTC、Sharp、Motorola端末、ごく最近のSamsung、Fujitsu端末がapt-x対応となっています(2013年5月現在)。

カスタマーレビュー0をすべて見る..15カスタマーレビュー0をすべて見る...

Buy audio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS99BT